家を売るのにベストなタイミングは?損しない売却時期を見極めよう!

公開日:2022/08/15   最終更新日:2022/08/23

家を売るのにベストなタイミングは?

家を売る時期について、迷われたことはないでしょうか?マイホームという資産は価値ある資産の代表格であるため、売るタイミングを間違えると大きな損失となります。そのため、家を売るタイミングを把握しておくことは非常に重要です。この記事を参考にベストなタイミングで売却しましょう。

家を売るタイミングは6つの視点で判断

家を売るタイミングは、さまざまな視点から検討する必要があります。しかし、判断材料が分からない人もいるのではないでしょうか?ここでは、家を売るときに適したタイミングについて以下の6つの視点から判断するためのポイントを紹介します。

相場の動向

近年では、戸建て住宅よりもマンションの価格のほうが高くなる傾向となっていますが、家を売るときには不動産価格の値動きを把握することが大切です。不動産価格の相場を把握するためには「不動産価格指数」という指数が参考になります。

この指数を参考にすることで、大まかな相場を把握することが可能です。指数の上昇が続いていると家を早めに売却したほうが利益になります。

一方、指数が低下しているときは家を遅く売った方が損失は少なくすみます。相場は誰にも読めないですが、ある程度の傾向を把握するためには重要です。

築年数

一般的に購入した住宅は、残念ながら購入した時点から資産価値は減少し、築年数が経過するにつれてさらに減少していきます。また、戸建て住宅とマンションでは資産価値の推移が異なります。

そのため、家を売却しようと考えているときが、一番価値が高い時といえます。売却を考えているかたは、できるだけ早く売却する決断が必要です。

税金

基本的に家の売却は、売却額が家の購入費と売却時の経費を上回った場合に税金が課せられます。税率は家の所有期間によって違うため、場合によっては高い税金が必要になる場合もあります。

家の売却をするときに、税金のことだけを考えた場合のベストなタイミングは「住宅の所有期間が5年越え・10年越え」です。ここでは詳細な説明は省略しますが、売却を検討されている人は、税理士や不動産屋に相談してみることをおススメします。

住宅ローン金利

住宅ローンの金利が低金利のときは、売り時といえる状況です。買い手側から見れば、住宅ローンの金利が低ければ低いほど支払う利息が少なくなり、住宅ローンの返済額の総額を安く抑えることができます。

しかし、住宅ローンは景気に左右されるため、住宅ローンだけを判断材料に家の売却をするのは危険なので注意してください。

季節

不動産関連の仕事が繁忙期になるのは3月、4月の年度末から年度初めのときです。この時期は、生活スタイルが変化する時期であるため、引っ越しをする人が多く、家の売却の件数が増えます。

そのため、購入希望者が増えるこのベストなタイミングで家を売却するために、前年の年末前までに売却をする決断をして、準備を進めていき、3月までに売却の成約を目標に行動するといいでしょう。

ライフスタイル

ライフスタイルが変わるときに家を売却する人が多いです。家を売る理由として多いものは「良い住まいに住み替えたい」「転勤」などです。

最近はテレワークが普及しているため都市部で生活をする必要性が低くなった人が、地方に引っ越しをする人も増えています。

家を売るには適していないタイミング

家を売るタイミングは様々な要因を総合的に判断する必要があります。先ほどは家を売るタイミングを紹介しましたが、ここからは適していないタイミングについて紹介します。損をしないためにもこのポイントを押さえておく必要があります。

相場価格が上昇しているとき

相場価格が高値のときに家を売却すれば高い利益を得ることができますが、相場価格が上昇しているときに慌てふためいて家を売ると高値掴みする場合もあります。

相場を読む必要がありますが、これは素人が判断するのは難しいです。そのため、タイミングを逃さないために不動産相場に詳しい人に聞いてみるのが良いです。

購入後間もない家

よほどの事情がない限り購入後5年以内の家を売却するのは避ける必要があります。5年以内の家は、売却時にかかる税金が高くなります。急な事情を除く限り、購入後間もない家を売却するのは避けましょう。

売り時を逃さずに早く家を売るためのコツ

ここでは、家を売るときのタイミングを逃さないための方法を紹介します。

プロの手を借りる

「家を売る」と決めてからすぐに家が売れるわけではありません。買い手が決まるまで平均で約半年が必要といわれています。そのため、半年前から売却に向けての準備が必要です。

しかし、素人が家を売却するための準備をはじめても「何からしたらいいのか分からない」と思います。そのときは、不動産会社に相談をするのもひとつの方法です。地域の土地価格の相場に詳しい人に相談することで、売るときの価格を高値で出すことができる可能性があります。

また、売却に向けての準備も一緒に進めてくれるでしょう。業者によって、当たり外れがあるので、複数の業者に相談をして自分に合った人と一緒に準備を進めることが大切です。

まとめ

住宅の売却は様々な視点から検討する必要があり、大変な作業だといえます。住宅の価格は数千万円の単位で売買されるため、少しでも売却する側にメリットがある方法をとる必要があります。ぜひ、この記事を参考に、損のない売却を実現してください。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

不動産売却をするとき、不動産の価値を決めるポイントとしても非常に重要なのが、瑕疵の有無です。瑕疵があるのに、それを買主に伝えずに売却してしまうと、売主は「瑕疵担保責任」を負わなければいけませ

続きを読む

家を売る時期について、迷われたことはないでしょうか?マイホームという資産は価値ある資産の代表格であるため、売るタイミングを間違えると大きな損失となります。そのため、家を売るタイミングを把握し

続きを読む

現在所有している家を手放そうと、不動産売却を検討している方は多いでしょう。不動産売却をするとき、必ず確認しなければいけないのが「瑕疵」です。瑕疵があるにも関わらず、それを買主に隠して売却して

続きを読む

相続で土地を取得したけれど、使いみちがなくて売却したい。そんな人はきっとたくさんいるでしょう。そして、不動産の売却なんて初めてだからやり方を詳しく知りたい、税金面で気を付けなきゃいけないこと

続きを読む

買ったばかりの物件だけど、売る必要が出てきた。どうやったら高く売れるのか知りたい!そんな人に向けて、新築・築浅物件を高く売るためのコツを解説しています。これを読めば、きっと希望金額で売却がで

続きを読む

現在マンション売却を検討している人の中には、「今後も住宅ローン控除を受けたい」と思っている人がたくさんいると思います。しかし、新しく購入した家で引き続き住宅ローン控除を受けるには、一定の条件

続きを読む

一般的に持ち家を売る際は、「キレイな方が価値は上がる」といわれています。ではキレイな状態で売るために、リフォーム工事などをある程度済ませておいたほうがよいのでしょうか?ここでは、不動産売却前

続きを読む

せっかく不動産を売るなら、損をしないためにも高い値段を付けてくれる不動産会社のほうがよいですよね?それゆえに、不動産一括査定サイトを利用する方はきっと多いことでしょう。しかし、不動産一括査定

続きを読む

不動産を売却する際は、どの不動産会社に依頼するかが重要です。大手不動産会社か地元の不動産会社か、迷う人も少なくありません。やはり、情報量が多いであろう大手の不動産会社の方が信頼できるのでしょ

続きを読む

動く金額は大きいし、初めてのことばかり。不動産売却は何かと不安なものですが、心強いパートナーが不動産業者です。しかし業者選びに失敗するなど、選択を誤ってしまうと大変なことに。なかなか売れなか

続きを読む