不動産売却前にリフォームはしておくべき?基本的に必要なし!

公開日:2022/03/15   最終更新日:2022/02/07

一般的に持ち家を売る際は、「キレイな方が価値は上がる」といわれています。ではキレイな状態で売るために、リフォーム工事などをある程度済ませておいたほうがよいのでしょうか?ここでは、不動産売却前にリフォームをしておくべきなのか?についてと、リフォームにかかる費用相場、売主と買主にとってメリットのある方法をまとめています。

不動産売却前にリフォームはしておくべき?

結論として、不動産売却前のリフォームは、基本的に必要ありません。なぜならリフォームをすることで、以下のデメリットが発生するからです。

工事費用を回収できないリスクがある

当然ですが、リフォームの工事費用は売主の負担となります。とくにフルリフォームの場合、その額はおよそ300万円~400万円!しかし、リフォームはあくまで原状回復の意味合いが強いため、工事費用を上乗せした金額で売れることはほぼありません。そのため、せっかく大金を払ってリフォームしても、工事費用を回収できないリスクがあります。

「安さ」という中古住宅の魅力の喪失

中古住宅がほしい買主の多くは、「家を安く買って浮いたお金でリフォームしたい」と考えています。つまり、新たに理想の家を作り上げるために、新築ではなくリフォームのしやすい中古住宅を探しているのです。そのため、フルリフォームされた高額な中古住宅には、見向きもしない可能性があります。

リフォーム内容が買主の嗜好に合わないことも

せっかくお金をかけてリフォームし新築同様に整えたとしても、それが家を欲しがる方の嗜好・趣味に合わない家なら買うことはないでしょう。また、仮に購入したとしても買主が自分の好みに合わせ、さらにリフォームしてしまう可能性もあります。

事実、中古住宅を購入した方のうち50.5%の方が「購入後にリフォームした」といったデータも出ているため、せっかく気を利かしてリフォーム工事しても、その手間と費用がムダになってしまいます。

リフォームにかかる費用相場

それでも「せめてトイレぐらいはキレイにしておいてあげたい」「外観の見た目がちょっと……」など、リフォームを検討する売主さんもいるでしょう。実際のところ、リフォームにかかる費用相場はいくらぐらいなのでしょうか?

フルリフォームの費用相場

内外装・水回りを含む設備など一軒まるごとフルリフォームした場合、費用相場は「400万円程度」とされています。また、2019年2月に一般社団法人住宅リフォーム推進協議会が行った調査によると、「メンテナンスや修繕を目的としたリフォーム工事の費用相場は212.8万円」という結果が出ています。

トイレやキッチンの相場は?

水回りについてですが、トイレなら10~50万円、キッチンなら50~150万円ぐらいのようです。その他、洗面所なら20~50万円、浴室なら50~150万円です。水回りはキレイなほうが当然印象もよくなりますが、リフォームを一通り行うだけでも相当な金額が必要です。

内装をリフォームするなら?

まず、部屋のクロスを変えるだけなら、1つあたり1,000円~3,000円程度です。その他、畳やフローリング、間取りの変更、バリアフリー化などは部屋の広さと内装の種類により変動しますが、相場は100~150万円ほどとされています。気になる方は、より詳しく調べてみましょう。

売主と買主、双方メリットがある方法もある?

では、売却前にリフォームをすることに、メリットはまったくないのでしょうか?実は、以下に該当する場合は、売主と買主の双方にメリットがあります。

重要な設備が壊れている場合

給湯器や水道管など、暮らしていくために重要な設備が壊れている場合、家はなかなか売れません。引っ越しをしたら、すぐ買い替えや修理工事のための費用が発生するからです。「安く買ってリフォームしようと思ったのに、余計なお金がかかってしまった」という印象を買主に残さないためにも、最低限の原状回復はしておいたほうがよいでしょう。

あまりに劣化が激しい場合

築10年も経てば、どんな家でもシロアリや雨漏りの被害が発生する可能性があります。そして、「畳がひどく傷んでいる」「堀が崩れている」などあまりに劣化が激しく一目見てわかるようなレベルだと、見た目の問題からまず買い手がつかないでしょう。また、タバコによる壁紙の変色も印象が悪いため、張り替えるなど少ない費用でできる簡易修繕はしておきましょう

 

不動産を売却する前に、リフォームはしておくべきなのか?「基本的には必要がない」ということについて、解説しました。リフォームはお金がかかる割に中古住宅のメリットがなくなったり、工事代金を回収できなかったりする…というリスクがあるため、大がかりな工事はおすすめできません。しかし売れやすくするために、必要最低限の修繕は必要という話でした。本当にリフォームが必要か迷ったら、一度不動産会社に相談しましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

不動産売却をするとき、不動産の価値を決めるポイントとしても非常に重要なのが、瑕疵の有無です。瑕疵があるのに、それを買主に伝えずに売却してしまうと、売主は「瑕疵担保責任」を負わなければいけませ

続きを読む

家を売る時期について、迷われたことはないでしょうか?マイホームという資産は価値ある資産の代表格であるため、売るタイミングを間違えると大きな損失となります。そのため、家を売るタイミングを把握し

続きを読む

現在所有している家を手放そうと、不動産売却を検討している方は多いでしょう。不動産売却をするとき、必ず確認しなければいけないのが「瑕疵」です。瑕疵があるにも関わらず、それを買主に隠して売却して

続きを読む

相続で土地を取得したけれど、使いみちがなくて売却したい。そんな人はきっとたくさんいるでしょう。そして、不動産の売却なんて初めてだからやり方を詳しく知りたい、税金面で気を付けなきゃいけないこと

続きを読む

買ったばかりの物件だけど、売る必要が出てきた。どうやったら高く売れるのか知りたい!そんな人に向けて、新築・築浅物件を高く売るためのコツを解説しています。これを読めば、きっと希望金額で売却がで

続きを読む

現在マンション売却を検討している人の中には、「今後も住宅ローン控除を受けたい」と思っている人がたくさんいると思います。しかし、新しく購入した家で引き続き住宅ローン控除を受けるには、一定の条件

続きを読む

一般的に持ち家を売る際は、「キレイな方が価値は上がる」といわれています。ではキレイな状態で売るために、リフォーム工事などをある程度済ませておいたほうがよいのでしょうか?ここでは、不動産売却前

続きを読む

せっかく不動産を売るなら、損をしないためにも高い値段を付けてくれる不動産会社のほうがよいですよね?それゆえに、不動産一括査定サイトを利用する方はきっと多いことでしょう。しかし、不動産一括査定

続きを読む

不動産を売却する際は、どの不動産会社に依頼するかが重要です。大手不動産会社か地元の不動産会社か、迷う人も少なくありません。やはり、情報量が多いであろう大手の不動産会社の方が信頼できるのでしょ

続きを読む

動く金額は大きいし、初めてのことばかり。不動産売却は何かと不安なものですが、心強いパートナーが不動産業者です。しかし業者選びに失敗するなど、選択を誤ってしまうと大変なことに。なかなか売れなか

続きを読む